鹿児島県肝属郡肝付町の障害者支援施設、障害児支援施設:鹿児島県肝属郡肝付町の障害者(児)支援施設、新樹学園、カイロス、めぶき園、照葉の森、こだま、拓(ひらく)

社会福祉法人 天上会

アクセス アクセス
  • 求人案内
  • 店舗・商品
  • ニュース
  • 法人紹介

法人紹介> 天上会のご紹介

天上会のご紹介

理事長ご挨拶

   私共、社会福祉天上会は鹿児島大隅半島の南部に位置し、本土で一番最初に黒潮の流れに洗われる、肝付町にあります。
   地域は非常に温暖で平地でも照葉樹林が連立する、照葉樹林文化帯の中心地にあり、園舎の窓から見える照葉樹林の甫与志岳や稲尾岳を中心にした連山が目の前にそびえます。
   きれいな水、きれいな空気、きれいな緑の香りの中で、障害者にとって、日々の景色のうつろいが、心の中に平穏を招いてくれることを願っています。
   いま、私共が課題としているものは「利用者のその人らしさ」をいかに、捉えどの様に支援することにより、より、その人らしさを、引き出していくのか?しかし、それが支援者側の一方的な一人よがりになっていないか、そのための観察の必要性が問われています。
生活のリズム・排泄のリズム・食事のリズム・音楽のリズム等その人に合わせた必要なリズムを感じることが、問われていると思います。
   又、一人の利用者に提供する福祉サービスは、単なる介護や支援だけでなく、ある人にとっては、大きくなっても、発達障害で年齢的に欠落した部分の障害に対 する療育が必要と考えています。そして医学的な療育指導と生活介護や自立支援はそれぞれ別のものではなく一体的なものと考えています。非常に難しい課題で すが、その両立を目指して努力していきたいと思います。

社会福祉法人天上会
理事長 野村 碩夫


基本理念

私たちは、利用者の皆さんが、すべてかけがえのない存在として、一人ひとりが大切にされ、本人の持つ個性と能力が生かされ、日常生活や社会生活を送れるように、共に生き、共にのびゆく事を目指します。利用者のお一人おひとりを、個として捉え、そこに支援者の視点を注ぐことを重点に置く。

1、相互理解を基本に、その人らしさが生かされ大切にされていること。
2、一人ひとりの命や権利が十分に配慮され保障されていること。
3、一人ひとりの存在を尊び、愛する心で接することが相互に認識され、希求されていること。


 


障害者支援施設 新樹学園
〒893-1203  鹿児島県肝属郡肝付町後田5501

TEL : 0994-65-2340 / FAX : 0994-65-3952


▲上部へ移動する
Copyright (C) 社会福祉法人 天上会 All Rights Reserved.